水質浄化、排水処理ならQUICLEAN(クイックリン)|東京都港区

水処理業務、水質浄化処理なら、QUICLEAN(クイックリン)が素早く綺麗に解決します。

QCL土壌改良剤

QCL土壌改良剤は、お客様の用途に応じて2種類のタイプをご用意しております。

一つは酸化マグネシウムを主成分とする「QCL-FSI 020シリーズ」、もう一つは高分子ポリマーを主成分とする「QCL-FSI 030シリーズ」です。

対象汚泥(土壌)の改良に際してより細かく対応する為に、それぞれの製品に異なる特徴を持たせています。

※画像をクリックするとpdfカタログがご覧になれます。

QCL-FSI 020シリーズ

  1. QCL-FSI 020シリーズは、含水率が高くてトラック運搬が困難である汚泥や、ヒ素等の重金属が含まれている難度の高い汚泥(土壌)を改良する為に開発された土壌改良剤です。
  2. QCL-FSI 020シリーズには、「石灰系」素材(含水率低減を目的に汚泥改良剤として一般的に利用されている)を一切含有していません。天然粘性鉱物(ゼオライト態様)を主成分としていますから、環境に優しいのが特長です。
  3. 対象汚泥の含水率を画期的に低下させ、尚且つ吸着した汚染重金属の再溶出がない(不溶出)なため、オンサイトでの汚泥(土壌)改良作業が可能です。
  4. 主成分が天然粘性鉱物(ゼオライト態様)なので、改良処理後の処理土壌のpHには影響を与えません(「石灰系」改良剤は処理土壌のpHを著しくアルカリ側に変化させる)。
  5. QCL-FSI 020シリーズには、セメント成分も一切含有されていませんので、六価クロムによる二次汚染の心配もありません。

QCL-FSI 030シリーズ

  1. QCL-FSI 030シリーズは、高分子ポリマーを主成分とした非常に高い吸水性能を発揮する汚泥改良剤です。
  2. ビルや住宅建築用の杭施工時等に発生する汚泥の場内処理に適しています。
  3. シールド及びセミシールド施工時に大量に発生する汚泥の現場内処理(含水率の低減、トラフィカビリティの確保)に適しています。
  4. 改良土は一定の団粒効果を帯びていますから、原汚泥に汚染物質の混入が無く安全であれば、農業利用も視野に入れた処分方法も考えられます。
  5. 最大で自剤の500倍に相当する水分を吸収保持する事が出来ます(要実験検証)。
株式会社クイックリン
〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
電話 03-6865-5521
営業時間 9:00〜18:00 / 定休日 土・日・祝日
会社概要はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

株式会社クイックリンスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら